元金が減らない変動金利型の住宅ローンの落とし穴

住宅ローンで変動金利型のローンを組む場合には、気をつけないといけないことがあります。住宅ローンでは利息が低い商品も多いので、それが売りの商品もあるのです。しかしローンを組む場合は、長期に渡って何年も返済していくのが普通であり、この長い期間返すというところに見落としがちな落ちし穴があります。

金融機関では変動金利型の場合は、5年間を一つの期間としているところが多く、金利は半年に1回見直しが行われます。5年間の返済期間なら金利は10回変わることになり、返す額は毎月一定の金額であるけど、利息は変化していくので、元金と利息の割合が変わってきます。

万が一金利が一気に上がるような事が起きれば、毎月返す金額だけでは利息を払えなくなることも起きるのです。そうなると未払い金が生まれ、それを背負うことになります。

さらには125%ルールというものがあり、これは返済額を上げるときは元金の1.25倍までとして、負担が増えないようにするためのものですが、これが逆に返済金額を負担にさせ、金利が急激に上がって未払いの利息が生まれれば、ローン借入中にはこの利息の返済が優先されます。

それが全て返済されてから、残りの元金の返済開始となる訳です。利息ばかり返していれば、まるで金融機関の為に支払っているようなもので、さらには国債の暴落やインフレ政策の適用などで金利が上がることも考えられるので、そのような事態になっても対応できるようにしておくべきでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ