クレジットの契約方法と利用方法による分類

クレジットという言葉には決まった定義はなく、信用などの意味で使われることが多いです。クレジットカードも、そういう意味では信用を元に商品を購入することになります。支払いの能力があることを認められて、それが信用という形になっているのです。

クレジットで商品を購入する場合は、2通りあります。まず商品を買うときに代金を後払いする仕組みでは、クレジットカードの契約者は販売会社と自分の間の2者間で契約します。もう一つは、この2者の間に専門の金融機関が仲介として入る仕組みです。

この場合は代金は金融機関が立て替えて販売会社に支払い、その後購入者が金融機関に立て替え代金を支払います。これが3者間での契約という方法になります。

利用の仕方でも違います。商品を購入する場合に、クレジットを利用するためにまずは申込者を書いて、それの審査を受けて利用する方法です。個別式の方法であり、自動車やバイクなどの場合の時によく使われます。

クレジットカードを利用するという方法もあります。これは金融機関でクレジットカードの申込をして審査を受けます。審査が通れば、カードを利用できるようになり、そのカードの限度額内であれば、商品を購入できる仕組みです。これは後払いで商品を買う方法になります。

このようにして信用で商品を購入しようとした場合には、契約方法や利用方法がいくつかあり、購入の仕方にも違いが出てきます。どちらも後払いで買い物が出来ますが、買い物する人と販売者の間の仲介者で違いが出てきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ