個人信用情報機関で自分の信用情報を見る方法

クレジットカードやローンを組むときには、その人の収入状況や住まいの状況や借金がないかなどを調べられ、それを元にお金を貸すかどうか決めます。この時の審査状況は個人信用情報機関というところに記録され、今後その人がお金を借りるときには、この記録を元に借入可能かどうか判断されることになります。

個人信用情報機関には、CIC、全国銀行個人信用情報センター、JICCという3つの機関があり、それぞれの機関で取り扱う信用情報に違いがあり、クレジットカードや信販で借入のある人、銀行や信金で借入のある人などというように、借入先で情報が登録される場所が違ってきます。

この3つの機関では、お金を借りた経験のある人の遅延状況や債務状況などが記録されており、これらを金融機関が見ることで、その人が借入出来るかどうか判断します。出来ないときは、この情報を見て不可と判断されてしまったためです。

ただし、永遠に記録は残るわけではなく、借入から5~7年で記録は削除されます。また、自己破産した場合も記録されます。
さて、自分の信用がどうなのかどうか見たい場合は、それぞれの機関へ直接出向いて見ることになります。閲覧にはいくらかの費用が必要です。

そこでは借金の支払い状況や借入状況や個人情報などが掲載されており、書類としてもらうことが出来ます。ローンなどを申し込んだけど契約出来なかったなどの時、その理由が知りたい場合には見に行くのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ