固定金利と変動金利でローンを組む場合の違い

住宅ローンを組むときには、固定タイプと変動タイプの2つのタイプのものがあります。変動金利では借入期間に金利が変動するタイプのローンであり、金利は年に2回見直されます。それに対し固定金利では、返済期間中は金利が固定しているタイプのローンです。

また、ある一定期間は利息が固定され、その後に変動する複合タイプのものもあります。利息を固定する場合は、返済金額が決まるので将来に向けての返済計画が立てやすく、経済状況に影響を受けません。

利息を変動させるタイプのローンでは、利息が下がっていくような場合にはとても有利であり、返済額を減らすことも可能になってきます。ローンを組む前提として、低利息の時には固定して組み、高くなった時には変動させて組むということが言えます。

可能なら利息は低い方が良いに決まっていますが、上がってしまったときにどういう風に対応するかが、返済金額を増やすか減らすかの分かれ目になってきます。また、変動金利型の方が、多くのお金を借り入れできると言われています。

住宅ローンを組むときは、その時々の国の経済状況を見極めるべきでしょうが、少なくとも目一杯に借入れを行って、返済額も生活費の中でギリギリの範囲になるような、余裕のない借入と返済方法は避けた方が良いです。

そのようなローンの組み方は、収入や生活環境の少しの変化で、毎月の返済金を支払うことが出来なくなってしまい、自分を破綻に追いやってしまう危険があるので、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ