住宅金融支援機構で融資金を繰り上げて返済する

住宅金融支援機構は、住生活に関する資金供給を安定的に行うために設けられている機関です。民間金融機関の住宅ローンの支援と促進、民間金融機関で対応困難な融資業務を遂行する、住宅関連情報の提供などの業務を行っています。

もちろん、個人でも住宅ローンを組んで借り入れする事が出来、リフォームに関する融資や災害復興の融資なども行っています。代表的な商品にはフラット35などがあります。

全国各地に本店や支店があるので、融資を受けたいと考えた場合はそこで相談することになるでしょう。住宅ローンの借り換えの相談も行っており、フラット35への借り換えを行うなどのように変更することも可能です。

融資を受けた場合には、毎月決まった金額を返していくことになりますが、収入などが増えてお金に余裕が出来た場合は、一時的に返す金額を増やし、返済期間を短くして、支払う金利を少なくする事が可能です。

一時的にまとまったお金を返すので、返済期間を短くするか、返済期間は変えずに月々の額を少なくするかの2つのどちらかを選ぶことが出来ます。繰り上げて返済する場合には、返済日の1ヶ月前までにお申し出て下さい。

そして、返済する金額や繰り上げて返済した後についての事などについての相談を行います。そして必要書類を指定日までに用意して、返済日に入金すれば繰り上げ返済は完了します。まとまったお金が用意できたときに、この仕組みを利用して、返済金額を減らすと良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ