収入合算で住宅ローンの借入希望額を満たす

収入合算とは住宅ローンを借りるにあたって、申込者本人だけの収入で希望額を借りるには足りない場合に、配偶者や子供や親の収入などを合算して申し込める制度の事です。申込者以外の一人分の収入の半分を加えて、借入希望額を満たすことが出来ます。

当然借入額も増やすことが出来ますが返済額も多くなるので、この返済額の部分は特に注意をしてよく考えるべきです。例えば夫婦二人で収入合算して住宅ローンを組む場合は、夫婦名義で借りることになるので、そのローンで購入する土地や建物も夫婦二人が共有することになり、夫と妻の持ち分を決めなければいけません。

両者の持ち分によって、住宅ローン減税もそれぞれ違いが出てきます。
また、本人以外の人と一緒に購入して持ち分も両者に与えられるということなので、仮に購入後に売却する場合も、両者の承諾が必要になり、特に離婚をしてしまった場合は大変な苦労をします。

さらに、長い年月ローンでお金を借りて返済していくことになるので、夫婦仲が悪くなって離婚した場合や死別してしまった場合など、返済が一人となってしまったときの対応も大変です。

さらにはどちらかの収入が減ってしまった場合や、職を失ったとき、何か収入を圧迫する支出が増えてしまった時など、想定外のことが起こることもあります。予想の付きにくい二者での借入はあまり得策とは言えず、可能なら自分一人の収入の範囲で住居のことを考えて行く方が、予想外の収支の変化などにも対応しやすくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ