証書貸付によって企業が銀行からお金を借りる

企業が銀行からお金を借りるときの方法の一つに、証書貸付けという方法があります。これは、借入希望の企業が金銭消費貸借契約書に、借入金額や返済方法や金利などを記入して、それに会社の実印と署名判を押して、連帯保証人もサインして銀行に提出して借り入れる方法です。

主に、1年を越える長期の借入の時に使われる方法です。返済は毎月一定額を返済するか、半月ごとなどのように一定期間毎に一括して返済する方法があります。
借入でのお金の使い道は設備投資や会社の運転資金に使われ、設備投資の場合は投資で利益を上げることが出来るので、その利益で返済していくことが多いです。

運転資金に使用すれば、企業は長い期間安定した企業運営を行うことが出来るようになりますが、銀行は先行きの見えない長期の貸し出しは嫌う傾向にあり、長くても5年ぐらいの期間でしか借入は行えません。

証書貸付は、返済期間が長ければ長いほど金利も高くすることが出来ます。長期の貸し出しなのでそれだけ金利も多く得ることが出来ますが、長期間になるために企業の将来は不透明であり、貸し出しのリスクも大きく積極的に貸し出すことはありません。

通常は担保付で借入を行うことが出来る場合が多いですが、もしも無担保で借入が出来た場合は、その会社は信用度がとても高いということになります。また借入するときは、書類の条項の隅から隅までしっかりと目を通して、見落としが無いようにした方がいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ