団体信用生命保険で住宅ローンの借入れに備える

住宅ローンを組むときは、家や土地を買うために借入れするので金額も高額になり、返済は長期間になることがほとんどです。そのために、返済中に本人が亡くなってしまうということがありうるのです。

多くの金融機関ではこのリスクを回避するために、住宅ローンの借入れには同時に団体信用生命保険への加入も必須としています。
これは、住宅ローンの返済中に本人が亡くなった場合に、代わりに生命保険会社が残高を払うという保険になります。

住宅ローン申込者本人が加入申請するのではなく、金融機関が利用者をまとめて生命保険会社に申し込みます。この保険に加入必須の場合は、保険料は金融機関が負担する場合が多く、任意申込の場合は、ローン利用者が保険料を支払うことが多いです。

たとえばフラット35などでは任意加入になっており、保険料を年に1度自己負担で支払うことになります。最近では、死亡時の保障以外にも、がんや脳卒中などの疾患で返済が出来ない場合にも対応する、団体信用生命保険が多くなってきています。返済する本人が死亡してしまった場合などには、家族が金融機関に連絡するようにしましょう。

返済が遅れたり滞納していると、一部保険料でも支払われない時があります。
また、すでにこの保険以外の生命保険に加入していて、その保障内容に住宅ローンも含まれている場合には、団体信用生命保険に加入しなくても良いです。住宅ローン申込時にこれにも入ってしまうと、重複加入で余分になってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ