登録免許税を理解して住宅用の建物での軽減を受けよう

土地や建物を購入したときに必要となってくるのが、登録免許税という税金です。これは必ず支払わなければいけない税金であり、多額の費用を支払わなければいけないときもあります。

新築の建物を購入したとき、土地や売買の所有者が変わるとき、贈与や相続で所有者が変わるとき、住宅ローンで購入するときなど、不動産に関わるほとんどの場合でこの課税が行われます。

もちろん、住居用の建物を購入する場合でも課税されます。新築で購入する場合の他に、中古で購入する時にも軽減は受けられます。

一定の条件を満たしていれば、税率が軽減されるようになっていおり、個人が購入した住居に適用されるようになっています。その適用条件はいくつか細かくあり、登記名義人が住宅を使用すること、住宅の工事完了日の1年以内に登記することなど、いくつか条件があります。

法人には適用されない、贈与や相続では適用されない、マンションの場合は共有部分は計算に入れずに適用できるか考えなければいけないなど、いくつか注意点があります。税率の軽減を受けるためには、市役所に住宅用家屋証明書という書類を提出して申請しなければなりません。

その他にも、登記の証明書や住民票や登記の表示申請書など、いくつか提出しないといけない書類はあります。申請書は各市役所で交付しており、申請するときの必要条件や軽減率はどのようになっているかも、窓口で聞けばわかるようになっています。わからないことも窓口で聞けば、色々と教えてもらえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ