分割実行で土地と建物に別々に融資を受ける

通常住宅ローンは、1回融資を受けてそれを返済していく形になりますが、土地を購入した後に建物を建てる場合などは2回支払いが生じます。このような2回支払いが必要なときに実行されるのが分割融資であり、ローンを複数回に分けて実行することを言います。

また、建物の契約時と完成時などのように、支払いが複数回になる場合にもこのローンを使うことが出来ます。家を建てるまでの土地購入の際や、中間金を支払う場合などに使うことができます。

返済はそれぞれのローンに対して行うようになり、分割実行では金利はそれぞれのローンが組まれるときに同じように決定されます。また、その都度固定金利や変動金利が選択できる場合や、最初からどちらかの金利方法に決定している場合など、金融機関によって違います。

つなぎ融資に似ていますが、つなぎ融資は不足した金額分を短期で借入れる方法であり、住宅ローンの全部の額を分けて借入れするこの方法とは明らかに違っています。ただし分割融資は金融機関ではリスクが大きいので、あまり行いたくありません。特に個人に対しては、申込を受け付けないところもあります。

これはこの融資が土地の融資を行ってから次に建物を建てるという別々に行うために、土地は購入したけど、その後いつまでも建物を建てない場合や、申込時とは違う建物を建ててしまう場合があるためです。また、どのようなケースでもこの方法で受けれるとは限らず、審査で弾かれてしまうときもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ