保証会社に連帯保証人を代行してもらう方法

通常賃貸住宅を借りる場合は連帯保証人が必要になり、契約書に連帯保証人になる人のサインなどを求められます。そこで、頼める人がいない、遠くに住んでいて不動産屋が認めてくれないなどの場合に利用できるのが保証会社です。これは、連帯保証人のいない入居者に対して、その代行をしてもらうことが出来ます。

保証会社を利用する場合には、決められた保険料を支払う必要があり、収入が少ないなどの場合にこの会社を利用することになります。契約には審査があり、契約書の提出や本人確認などの、簡単な審査を受けることになります。

ただし、書類が揃わない、収入が極端に少ないなどの場合は、契約を断られるおそれがあります。家賃が支払えない場合に、代わりに支払ってくれるのがこの会社の役割ですが、ただ支払えないというだけでは何もしてくれません。

不動産会社からこの会社へその旨の連絡があってはじめて、家賃の一時的な立て替えを行ってくれます。家賃が払えない場合は、まずは不動産会社に連絡しましょう。入居人は、会社が立て替えた家賃を不動産の方へではなく保証会社に支払うことになります。

家賃が支払えない月が何ヶ月かあると、毎月このようなやりとりをしないといけないので、出来るだけ家賃を支払うようにした方が良く、10日ほどの支払いの遅れなら不動産会社に連絡すれば待ってもらえることも多いです。支払いが遅れるときはまずは不動産会社の方へ連絡して、どうするべきか相談してみるのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ