解約返戻金は生命保険を解約したときにいくら戻ってくるか

生命保険を契約中に解約すると、解約返戻金が戻ってきます。これは契約後の早い時期に解約すれば、それだけ戻ってくるお金も少なくなります。生命保険は、一生涯など長い期間契約してお金を支払い続けるものです。その中で色々事情もあり、現在加入しているものをやめることもあるでしょう。

そんな時に戻ってくるお金なのです。
解約金が通常通り戻ってくる生命保険に、低解約返戻金型という保険料の支払いを抑えてその分返戻金も少なくした生命保険、解約した場合は返金もしないが保険料も安く設定した無解約返戻金型というのもあります。

返金される金額は、今まで払った保険料の合計で計算されるわけではなく、毎月支払われる一定金額から経費など会社に必要なお金に充てています。そのために、中途解約すれば経費が回収できないので、その分は返金時に差し引かれることになります。

解約金の金額は、契約の時期や期間や金額などで決まってきます。生命保険契約から1年目でも返金されますが、その金額は微々たるものです。
生命保険の契約を途中でやめてお金が戻ってくる商品は、保証目的と貯蓄目的で加入することが多いです。

前者の場合は定期保険や医療保険がそれに該当して、最近では保険料を低くした商品に加入する場合も多いですし、少ない金額で保証を確保でき、返金されなくても良いと考える人もいます。貯蓄目的では終身保険などがそれにあたりますが、貯蓄性が低水準の今日では、あまりお得ではないと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ