契約者のクレジットカード情報が漏洩しないようにする方法

クレジットカードは限度額内であれば好きなようにお店やネットショップで買い物が出来て便利なものですが、一度その情報が漏洩すれば大変なことになります。そうならないためにも日頃からクレジットカードの契約者本人がしっかりと管理して、第三者に情報が漏れないようにしなければなりません。

クレジットカードには不正利用防止の制度が付属していることが多いですが、いくら不正利用の制度が充実していても、契約者本人から情報が漏れてしまっては意味がありません。

情報が流出するケースでは、クレジットカードを置き忘れたりして盗難される、スキミングされる、特にこれは海外の土産物店などで多く被害に遭う方がいます。さらには、怪しいネットショッピングサイトで使用して情報が漏れる場合、暗証番号を見破られて使われてしまう場合があります。

情報漏洩を防ぐためには、怪しいお店やネットショッピングサイトではカードを使用しない、暗証番号は第三者にわかりにくいものにして、生年月日などをそのままパスワードに使用することは避ける、盗まれないようにカードを紛失しないようにする、これらのことが大切です。

万が一情報が漏れてクレジットカードを不正利用されてしまえば、第三者が使用することになり、身に覚えのない多額の請求を契約者本人が受けることになってしまいます。日頃から請求書や明細書をチェックするのも、不正利用を防止して被害を早めに食い止める良い方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ