失効させて保険料を払えない保険の対応方法

生命保険は、毎月の保険料を支払わなければ契約が無効となり、保障を受けられなくなります。しかし、失効しても一定期間は契約を復活させて元に戻すことは可能ですが、その場合は今まで支払っていなかった保険料をまとめて支払うことになるので、大きな金額の出費を強いられるでしょう。

生命保険では、1度支払いが出来なくなった場合でもすぐにどうこうされるわけではなく、払い込みの猶予期間というのが設定されており、この期間中に支払えば、今まで通り契約を持続させて保障も受けられるのです。

保険料が支払われなかった場合には、まずは本人に事前通知という形で連絡がきます。これは、支払うべき金額と支払いのお願い、それに払わなければ契約が無効になるという旨の連絡です。それでも支払いが出来ない場合は契約破棄の連絡がくることになります。

ただし解約時の払戻金がある場合には、保険会社がそれを使って一時的に立て替えて継続させてくれますが、立て替えたときの利子が発生します。

失効させた場合に今後も同じように継続していきたいと思えば、無効になってから3年以内であれば、契約復活は出来ますが、その期間の保険料を支払わないといけません。さらに健康状態のチェックも再度行われることになるでしょう。

もう一つの選択肢としては、解約の払戻金を受け取って、立て替えに使わずに、自分にあった安い保険を見つけるという方法もあります。再契約のために多額のお金を支払うなら、安い保険に変えるのも一つの手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ