主契約と特約の2つで生命保険は構成されている

生命保険には、入院時や治療時、死亡時などさまざまなときに保障を受けられ、ひとつの生命保険なのにいくつもの補償内容があり、このときにメインになる補償内容を主契約といい、その他のオプションのものを特約と言います。契約時には特約のみでの構成は出来ないようになっています。

例えば主契約が終身保険であり、特約が入院特約などのように構成されているのです。主契約は生命保険の基本となる部分であり、これらの補償内容が発生した場合は、こちらの保険からお金が支払われます。いろいろな種類があり、定期保険や、終身保険やガン保険などが該当し、その他にもいくつか種類はあります。

基本となる部分なので、一度契約すると保障期間中は変更することは出来ません。
特約はオプションで保障を加えることで、生命保険内容を充実させるものであり、災害時に死亡した場合や入院時の補償内容などがそれにあたり、これにより、自分にあったものを選択して保険に加えることが出来、内容を充実させられます。

契約時の最初から付加することも出来ますが、契約期間中の途中でも付加することが可能です。特約は比較的保険料金は安いですが、種類がいくつもあるので、たくさん付加すればそれだけ掛け金も積み上がって高い保険料となります。

特約をよく知って選べば、自分の生命保険を充実させることが出来るので、これの選び方がポイントであり、とても大切なのでよく考える必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ