特別勘定の運用成績によって受け取る金額が違ってくる

保険では毎月の掛け金に対して支払われる保障料金とは別に、契約者が支払った保険料の一部を運用する勘定があります。予め利率を定めて、実績によってのリスクを保険会社が背負うのが一般勘定であり、リスクを契約者が背負うのが特別勘定です。

これらの勘定では投資信託で運用していく場合が多く、保険金とは別に受け取るお金を増やす目的で運用されています。特別勘定ではハイリスクハイリターンを狙い、成績次第では利益が大きくなり配当金も多く支払われることになるのですが、元本割れで契約者が受け取れる金額が少なくなるリスクもあるのです。

投資の商品はいくつか用意されていることがあり、契約者がその中から好きなものを選んで組み合わせることが出来ます。一般勘定ではリスクを避けることを第一に考え、元本割れを避けていくような運用をします。ローリスクローリターンとなり、一定の利率の保証がされており、将来の支払金額も予想が出来るでしょう。

一方で特別勘定は、運用実績次第では将来の保険金や払戻金が多くなる可能性がありますが、運用成績が悪ければそれだけ将来支払われる金額は少なくなっていき、保険という名前でありますが、実際は投資ということです。

最近では金融市場の不安定な状況などでリスクが大きくなってきていますが、これから株価が上がっていくと判断するような場合には大変魅力的な商品になっており、運用成績によっては大きく受取金額を増やせる可能性もあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ