特約でも役に立たなくお金の無駄になる契約

特約は保険の内容を充実させるために主契約とは別に契約する保険のことで、これにより補償内容が拡がり、いろいろな治療や病気で条件に合えば給付金を受け取ることが出来ます。しかし、給付条件が厳しいものがあるので、その条件に合わなければ、お金を無駄に支払うことになります。

例えばがん・脳卒中・急性心筋梗塞の三大疾患の特約ですが、これはがん以外はほとんど条件に当てはまることがありません。

脳卒中では100種類以上ある脳血管の病気のうち、保険で当てはまるのは3種類のみであり、しかも診断されてから60日以上その病気の症状が続く状態となり、このような状態になると重体であり、死亡する確率の方が高いのです。

またがんでも、保険会社によっては悪性によるものに限ると記載されている場合もあるので、注意が必要です。場合によってはがん保険に入っておいた方が得なのかもしれません。

その他にはボーナス特約というのがあり、一定期間健康であれば一時金を受け取れるというものです。これは契約者が支払った毎月の掛け金の一部が戻ってくるものであり、言い換えれば自分でボーナスを受け取るために毎月割高な保険料を支払って積み立てているようなものです。

このようにその保険の内容をよく確かめ、どのような条件で給付金が支払われるのかよく理解して契約しないと、自分とは関係ないような契約内容の保険に入り、無駄にお金だけ支払うことになるので気をつけるべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ