年金支払開始日の繰り上げ支給のデメリット

老齢年金の受給開始日は65歳ですが、この年金支給開始日を60歳まで繰り上げることが出来、その年齢は60歳から64歳まで1年刻みで繰り上げて受け取ることができます。例えば、60歳で退職してすぐに受け取りを開始することも可能です。また、金額も一部もらう場合と全額もらう場合とで選ぶことが出来ます。

しかし繰り上げ受け取ると年金支給額は毎月の支給額が減ってしまい、65歳からの支給額も通常よりも減らされてしまいます。通常よりも早く支給される分、支払い金額が減るのです。繰り上げ支給には早く受け取れる代わりに金額が少なくなると言う側面がありますが、それ以外にデメリットもあります。

繰り上げ受給した年齢から65歳までに受給者本人や配偶者にトラブルが起きると、障害基礎年金を受け取れない、寡婦年金を受け取れない、配偶者が死亡すると遺族厚生年金か年金のどちらかしか受け取れない、というものです。

さらには、繰り上げ受給で年齢や雇用状態、収入によっては、老齢厚生年金の支払いが一部停止や支給停止になることもあります。しかし繰り上げも出来るのですから、同じように繰り下げて66歳以降に受け取ることも可能です。

ただしいくつか条件がありますが、繰り下げて受け取れば受給権利発生月から繰り下げ受給の前月までの月数に0.007をかけた分を受け取る金額に足して金額を増額してもらえます。経済状態に余裕があれば繰り下げ受給をしても良いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ