変動年金額は保険会社の運用成績で違ってくる

保険会社が販売する個人年金の商品には、将来受け取る保険金額が決まっている確定年金があり、もう一方で、運用成績次第で受け取る保険金額が変わる変動年金があります。

この変動年金額は運用成績が良ければ保険金額も増えて良いですが、運用成績が悪ければ受取金額は減ってしまうという、リスクがあり、積立金よりも受取金額の方が少なくなることも十分にあり、ハイリスクでありハイリターンである商品と言えるでしょう。

契約者がお金の受け取り年齢に達する前に死亡すれば、死亡給付金としてお金をもらうことが出来、運用期間中は収益に対しては課税されないというメリットはあります。

保険会社の商品ですが、運用は投資会社が行うことが多く、その投資商品も海外型や国内型など、いくつもあり、バランス重視や利益重視など投資スタイルなども、契約者が自由にその中なら選ぶことが出来ます。また運用成績が悪いと判断すれば、投資先を株や債券に変更してスイッチングすることも可能です。

リスクを抑えて運用成績にかかわらず、一定の保険金を受け取りたいという人のために、最低金額を保証する個人年金の商品もありますが、一定の保証がある代わりに、手数料の設定金額が高くなっている場合が多く、それにお金がかかることも多いです。

このような変動型の年金は投資型の商品として販売されており、一般的な保険とは違います。そのために従来のようにクーリングオフが出来ないので、契約時は十分注意して考えてから契約することが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ