保険料と保険金はどのようにして違いがあるか

生命保険の契約時などは規約などに保険料と保険金という言葉があり、これらは契約の際には違いを理解していないと後で大変なことになってしまいます。馴染みのない人や初めて契約をする人にとっては紛らわしい言葉ですが、2つのこの言葉の違いをはっきりと理解しておきましょう。

この2つの言葉は全く正反対のものなので、理解しないと契約で後悔することにもなりかねません。保険料というのは契約者が保険会社に支払うお金のことであり、掛け金と言えば分かりやすいでしょう。このお金の支払い方法には月払いに半年払いに年払い、それに一括払いと前払いの5種類あります。

同じ保険の商品でも、月払いが一番高くなり、年払いが一番支払うお金が安くなります。また掛け金の支払金額が負担になる場合は、途中で金額を減らして新しい商品に入ることも可能です。保険金というのは万が一何か契約者に大事が起きたときに保険会社が支払ってくれるお金のことです。

死亡保険だったら、被保険者が亡くなったときに支払ってくれるお金になり、年金なら一定の年齢になったら受け取るお金ということになります。契約者が受け取れるお金ですが、これは受け取り権利が発生しただけでは支払ってもらえません。

その権利が発生した時点で保険会社に対して、請求をしないといつまで経っても支払いはされないことになります。契約途中で解約して支払われる解約返戻金は、これとは別であるので、これも区別しておいた方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ