確定申告をして会社員でも税金を取り戻す方法

会社勤めをしている人にとっては関係ないと思われがちな確定申告ですが、会社員でも申告すれば払った税金が戻る可能性があります。通常会社員は、会社が給料から税金分を差し引いて代わりに支払ってくれているのですが、この場合は、国が取り損ねないように多めに差し引かれていることが多いです。

そこでそれを修正するのが年末調整になります。
ただし年末調整は会社が知っている情報に基づいて行われるので、会社員個人が購入したものなどは考慮されません。そこで会社員自身が確定申告を行って控除を受ければ、多くのものが経費と認められ税金が戻ってくることがあるのです。

控除には医療費や住宅ローンや生命保険料などが含まれています。
その中でも特定支出控除は注目するべきもので、これは通勤費用や仕事に関わる資格の取得費や引っ越し費用、さらには書籍類の購入代金や居酒屋での食事代や洋服代なども認められる可能性があります。

つまりは会社に着ていくために、スーツの購入代金も経費として認められるかもしれません。対象となるのは給与控除額の2分の1を越えた額で、会社からは領収証や証明書などの書類を作成してもらう必要があり、少し控除を受けるには大変になりますがやるべきです。

住宅ローンなども控除され、特に1年目に控除を受けるときには必要な書類は多くなりますが、申告するべきものです。なお申告するときには青色と白色の2つの方法で申告可能ですが、青色で申告することをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ