源泉徴収がフリーランスの仕事で必要になる場合

フリーランスで仕事を行っている場合の発生する報酬、これにも源泉徴収が必要となる場合があります。会社員やバイトだと会社がいわば所得税の仮払いとも言える源泉徴収を計算してくれますが、フリーランスの時にはわかりにくいものです。

すべてではありませんが、フリーランスの場合に必要となるのは、デザイン料や弁護士や芸能人に支払う報酬、広告宣伝のための賞金や接客時のホステスへの報酬などがこれにあたります。たとえばデザイン料では、衣装のデザインやグラフィックデザインなどのことになります。

さらにWEBサイトのデザイン料には必要ですが、WEBサイトの制作費には徴収は必要ないということになり、線引きがとても難しいです。
報酬が100万円以下だと、その金額に10.21%をかけた金額を源泉徴収にすれば良く、100万円を越えた場合には20.42%を上乗せすれば良いでしょう。

納付する場合には税務署で専用の書類に記入して納付することになります。もしも納付し忘れた場合には、支払った側に納める義務があるので、支払う側のミスというこということになり、速やかな納付が必要です。

徴収額が10%と高いと思われるかもしれませんが、これはサラリーマンと同じ金額になっています。確定申告すれば一部を経費と認められて戻ってくるかもしれないので、徴収額は10万円で経費が20万円もかかったとなるように、経費の金額が多くなれば、確定申告してみるといくらかはお金が戻ってくる可能性があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ