所得税の計算方法を具体的に文章で一から解説

所得税は一定の収入がある場合には課税されるものであり、会社員では1月から12月の1年間の収入で計算します。所得税の計算方法を覚えておくと自分で把握できてどれだけ課税されるかわかるでしょう。年末調整ではいくらかかるかが再度算出されて、多く税金を払っていれば戻ってきます。

年末調整ではまず、控除という経費として認められて収入から差し引いても良い部分を計算します。この金額が多ければ多いほど、所得税が少なくなるのです。

この金額を計算して、給与所得として金額を出し、次に所得控除という税金面で公平にするために、扶養家族がいる場合や生命保険に入っている場合、控除できる金額を求めます。また基本的に38万円までは控除される基礎控除というのもあるので、これも忘れずに加えておきましょう。

最後に1年間に受け取った給与と賞与を算出します。月に10万円までの交通費には所得税はかかりません。そしてこの合計額から上記の額を差し引いて出された金額によって、所得税の税率が変わってきて、その金額に税率をかけて課税額として計算されます。ただし、通勤手当などは非課税項目なので計算に入れなくても構いません。

会社員の場合はこのようにして計算しますが、パートやアルバイトなどの場合に給与が年間103万円以内の場合や、公的年金で生活している人なら税金がかからず、また、65歳以上の人では年金額が年に158万円、65最未満の人では年に108万円以内なら、こちらも税金はかかりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ