年末調整で損をしないように控除を受ける方法

給与をもらって生活している会社員の人は、所得税が源泉徴収という形で会社から天引きされていますが、多く天引きされていることが大半なので、それを年末調整という形で申請すれば、払いすぎた分の税金が戻ってきます。

所得に課税されている税金の金額と、実際に所得に対する税金の金額が違うので、差額が生まれるでしょう。全ての人が該当するとは限りませんが、書類を提出して年末調整を受けなければ、控除がないので、課税額よりも多くのお金を税として支払うことになります。

まずは、書類を整えて会社に提出しましょう。該当するのは、国民年金加入時や生命保険や地震保険、住宅ローンなどに加入していれば、支払い証明書や控除証明書です。多くの場合は、経理に書類を提出することになります。必要な書類は日頃から揃えて整えておくと、手続きがスムーズにいくでしょう。

ただし医療費や寄付金や住宅ローン加入1年目は、それらについては控除を受けることが出来ません。確定申告で控除を受けることになります。また年末調整に書類を提出し忘れたという場合には、提出期限までなら再度書類を揃えて会社に出せば受理してもらえますが、この期限を越えてしまうと自分で確定申告することになってしまうのです。

すべて書類を出して申請が受理された後には、会社からもらう源泉徴収書で扶養の確認や、保険控除がなされているかなどの記載を確認して、申告漏れがないかを確かめておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ