配当控除で投資の配当金にかかる税金を減らす

株では利益が出た場合の他に配当金をもらった場合にも税金がかかります。自分で何もしなければ証券会社に源泉徴収を行ってもらう方法もあるのですが、自分で確定申告して払う税金を少なくして配当控除を受けるという方法もあり、この方法の場合、総合課税で申告するか分離課税で申告するかの2つの選択があります。

総合課税の場合は、配当を含めて所得合計が330万円以下か、配当利益が38万円以下の人は、こちらの方法で行うとお得です。配当金にかかる税金は20%なので、この金額を少なくすることが出来ます。分離課税で行う場合には。投資での売却損がある人が行うと税金面で得です。

この方法では、投資での損失と利益を一緒に合わせて考えることが出来、いわば損失を必要経費として見ることができます。どちらの方法でも、証券会社に任せる場合と違い、自分で申請を行わなければ配当控除を受けることは出来ません。忘れずに書類を整えて、税務署に申告するようにしましょう。

会社員の場合には控除で得はしますが、これがフリーランスや自営業の人では少し話が違ってきます。確かに申請すれば配当控除を受けることは出来るのですが、これらの人達のでは、所得が多くなるので国民健康保険料が高くなり、その分でせっかく差し引かれた控除の分が埋まってしまうこともあるでしょう。

また年齢によっては介護保険料も上乗せされることもあるので、これらの職業の人はよく計算してから申請するか考えるべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ