アカウント型保険は積み立て部分が大きな負担になる

アカウント型保険は正式には利率変動型積立終身保険と呼ばれ、生命保険の保障と積み立ての部分をセットにした商品であると言えます。毎月積み立てたお金を、いざというときには入院保障や死亡保障に変更できるのが特徴です。積み立てと保険が分かれているので、いつでも保障に充てることが可能になっています。

たとえば死亡保障が必要なくなれば、そのお金を終身保障に変更するなどのことも可能です。この商品のデメリットとしては、主契約と特約が別々であるために、内容がわかりにくく特約が定期的に変更されることも多い点です。

積立額や仕組みもわかりにくく、特約は一定の年齢に達するまでは更新できなかったり、理解せずに契約すると積立金が思っていた以上に少なかったりと、驚くこともあります。また契約時には終身保険の料金などを説明されずに、不明瞭なままで契約することもあり、この商品は自分で内容を把握でき、定期的に内容を見直しできる方向けになっています。

将来のために十分な保障を受けるために積み立て部分を確保しようとすると、保険料が大きくなってしまうことがほとんどなので、多くの場合契約者は積み立て部分を限りなく少なくして契約しており、定期保険となんら変わらない状態になっているのです。

積み立ててお金を将来に役立てるのがこの商品の大きな目的の一つですが、そうしようとすると保険料の負担が大きくなるので、現実にはそのようにはなかなかいきません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ