頭金制度で保険料の一部を支払い毎月の掛け金の負担を減らす

生命保険を契約すると毎月の掛け金が必要になってきます。掛け金を少なくするには毎月払いよりも半年払いや年払いにした方が、契約者の負担は少なくなりますが、その他にも、頭金制度を利用することでこの掛け金の負担を減らすことが可能です。

これは、契約時にまとまったお金を用意して、保険料の一部を一時払いで支払うことで、その後の掛け金の負担を軽減出来るのです。ボーナスなど余裕資金があればこの方法を使うと負担少なく保険を利用できます。

一時的にまとまったお金を支払うことで、保険料の支払合計金額も通常よりも少なくすることが可能です。頭金で払ったお金は、特約にあてる方法と主契約にあてる方法、その両方に充てる方法の3通りがあります。支払った頭金はその年度のみ保険料控除の対象となり税金がかかりません。

頭金制度は毎月の掛け金を少なくすることが出来、契約者の負担を減らせる制度ですが、最近ではこの制度を使う人が少なくなってきているのが現状です。
似たような方法として同じく全期前納という方法もあります。これは保険期間全部の掛け金を前払い一括で支払う方法です。

支払う金額は大きくなりますが、一度支払えばそれ以降のお金はかかりません。一括で払ったお金から毎月の掛け金にあてられます。これは保険会社がお金を預かっているという状態なので、途中で解約した場合や契約者が死亡してしまった場合などには、経過していない保険期間のお金は戻ってくることになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ