一時払いで支払った生命保険の控除対象額は

生命保険で保険料を支払うときに、契約期間全部の生命保険料をまとめて一括で支払うことを一時払いと言います。例えば20年の期間の保険であれば20年分の掛けの合計額を支払うことになります。まとめて支払えば半月払いや年払いよりも割引率が高くなり、一番金額が安くて済む支払い方法です。

一時払いできる生命保険ではその支払い方法の他にいくつか払う方法が用意されている場合と、それしか選べない場合の2種類があります。定年退職者を対象にしたそれ専用の商品なども販売されるのです。当然ながら一括して全期間の料金を支払うので、金額はとても大きなものになります。

一時払いで払ったお金もその支払った年だけ控除の対象です。残念ながら1000万円単位になる支払金額ですが、控除を受けられるのは10万円前後になります。控除を受ける場合は会社員なら年末調整で申告すれば受けられるでしょうし、その時に書類を提出し忘れたなら、その年度の確定申告を行えば控除を受けられます。

自営業の場合は自分で確定申告する際にこれらの控除も申請すると良いでしょう。
この支払い方法では控除はその年しか受けることが出来ませんが、同じ一括前払いでも全期全納払いなら毎年受けられます。

こちらは保険会社に全期分の掛け金を預けて、毎月そこから掛け金を支払うという形なので控除を毎年受けられるのです。控除や総額などを見て考えないと、どちらの方法がお得かは一概には言えませんので契約時に確認すしておくことが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ