一般勘定と特別勘定の保険ではどちらが良いか

生命保険では契約者からの毎月の掛け金の一部を保険会社が投資に回して、その運用利益で将来もらえる保険金額が変わるオプションをつけている商品があります。これは大きく分けると一般勘定と特別勘定という2種類になり、それぞれにメリットとデメリットを持つのです。

一般勘定では預かった保険料で投資運用する場合に、そのリスクは保険会社が背負うことになり、たとえ運用で損失が出た場合でも、将来もらえる保険金額は保障されているのです。運用ではリスク管理をメインとした投資を行うことで、出来るだけ損失を回避しようとします。ローリスクでありローリターンの商品であると言えるでしょう。

特別勘定では、それ対して、投資での損失が出ればそれはそのまま契約者の保険金に反映されることになり、損失が多ければ将来の保険金もかけた金額よりも少なくなることもあります。しかし、利益が多く出れば掛け金よりも多くのお金をもらえることもあり、ハイリスクハイリターンの商品であるといえます。

このような投資を含んだ保険を考えるなら、将来性をみて検討すべきです。安定性をみるなら一般勘定の方が良いでしょう。損失が出ても保険金は一定額が保障されているので、老後などの計画も立てやすいです。

経済の発展を見込んでいるなら特別勘定にすれば、大きなリターンを得ることも可能となっています。ただし特別勘定では、長い期間の経済状態を読まないといけないので、思い通りに動かないことも多々あるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ