海外旅行傷害保険で海外の旅行での事故に備える

海外に旅行に行く場合は、現地で病気になったり事故になったりと思いもしない事態に遭遇することもあります。その事故での発生する治療費などを保障してくれるのが海外旅行傷害保険です。申し込むには保険会社のサイトや窓口で申し込めば加入することが出来ます。

保険内容には、海外での病気や事故での治療費の保障や、持ち物を紛失したときの賠償金保障、航空機が遅れた場合などの遅延保障などがあり、会社によってその内容はいくらか違いがあります。

自分は大丈夫だから必要ないと思っていても、いざその事態になると、保険がなければ莫大な費用がかかるので、万一に備えるべきです。得に海外での医療費は高く、盲腸になって手術をするだけでも、医療費の高い国では200万円ほども費用がかかってしまいます。健康保険で医療費負担が少なくなっている日本とは事情が違うのです。

また保険に加入するなら、どれぐらい海外に滞在するかでも内容が違ってきます。数日間ぐらいの短い期間なら旅行者向けのプランに入ればいいでしょうし、仕事で数カ月以上の滞在になる場合は、長期保障のプランに入るのがおすすめです。

海外旅行傷害保険を販売している会社はたくさんありますが、その会社の実績も重要です。仮に海外に行くその国でのトラブルに対する対処の実績がほとんどない会社での保険に入ると、自分がトラブルにあっても対処してくれない可能性もあるでしょう。保険料の価格なども重要ですが、対処実績も加入先を選ぶときの大切な目安になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ