解約返換金は保険を解約したときに支払われるお金

保険を契約してそれを解約すると解約変換金としてお金が契約者に戻ってきます。途中で解約した場合の他に、契約が失効した場合にも支払われるのですが、このお金はまとまった金額にはなるものの、払った掛け金全額が戻ってくるわけではなく、支払期間や種類や解約の時期などによっても払われる金額に違いが出てきます。

通常は解約する期間が短ければ短いほど払った掛け金に比べて、戻ってくるお金は少なくなるでしょう。これは契約時には加入時には支払う掛け金の多くは加入に関わる費用に使われるために、払い戻される金額が少なくなってくるのです。

多くの場合には契約時には、解約返換金の金額が定められていますが、変動型の商品では、戻ってくるお金も変動します。支払われるお金は、貯蓄性の高い商品の養老保険や終身保険では多くなり、契約時には保険金額や払戻金が約束されているので、貯蓄性が高くなり、逆に貯蓄性の低い定期保険などでは払戻金は少なくなります。

さらに掛け金を安くする目的で、払戻金の無い商品も登場しています。保険料を安くするなら払戻金のないタイプや、払われる金額が少ないタイプの商品を契約すると良いでしょう。

解約する場合には、それに関わる書類を揃えて本人が行わなければなりません。実際に手続きが行われてから、お金が支払われるまでには数日かかります。また受け取ったお金は一時所得として見られるので税金がかかる場合もあるのですが、特別控除で控除できる場合も多く、ほとんどの場合は税金がかからないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ