カードが勝手に利用されてしまった場合の過失割合

クレジットカード利用の場合、お店で署名を行って購入するわけなのですが、自分で管理をする場合に杜撰な対応をしていたり、もしくは他の人・家族などに利用されてしまっている状況では、過失割合ではあまり強い立場にないのです。責任については、使い方によって変化するというのを理解していないといけないわけです。

つまり所有者である名義人は、義務違反をしていない状態で勝手に利用されてしまっている状況というのが、訴訟を起こす上でも重要となってきますし、なによりも訴訟が成立する条件でもあったりします。仮に、不正利用する気がない家族のもとにクレジットカードが郵送されたとします。

通常であれば、クレジットカードが手元に届かない本人がいるはずなので、何かしらの電話などでの確認が業者からであるはずです。しかし、そのクレジットカードを勘違いして家族が利用してしまうケースでは、過失として扱われないようにもなっているのです。

実際にそのようなトラブルが発生した場合、どうしても名義人の義務違反として扱われてしまいます。もしそのような利用に納得がいかないというのであれば、契約元であり発行元となっている加盟店に対して民事訴訟の手続きをしなければなりません。

理想的なのは、小まめに業者と電話連絡を取り合うことです。そのようにする事で、使用されている状況の把握においても危険がないように済みます。管理については発行されてからは、利用者であり契約者となっているのを忘れてはいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ