簡易生命表を知っておくとカード利用に真摯になれる

銀行の利用でもそうですが、クレジットカード同様で簡易生命表などを気にしている人はいます。また、生命表については一定の期間における死亡状況が今後変化しないと仮定し、各年齢では1年以内にどのような死亡率となるのかが表記されているものです。

人によっては、契約者として所持をする際にはそのような点について知っておかないといけない人もいますので、今ではそのような表の利用者も契約者となる方では多くいるのです。この簡易生命表をしっかりとチェックしていると、将来的にそれほど長く生きられないのが理解できているのであれば、銀行カードやクレジットカードの所持についても限定できます。

例えば、健康保険をサービスとして付帯するというものです。今では付帯をさせると、保険適用の際に一定の金額が支払われるようになっているのですが、それが遺族などに分割で支払われるようにもなるので、人によっては将来を見越して加入している人もいます。

また、表ではどれほどの期間でどのような病気にかかりやすいかについても明示されています。つまり、クレジットカードの保険との相性が良いのです。

そちらを考慮して、クレジットカードの契約者になる人もいれば、人によっては所持を嫌がって、銀行カードと銀行を保険代理店として保険の加入をするという人もいます。保険については銀行でもクレジットカードでも予め契約先で用意されているケースが多いので、どちらを選んでも支障がありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ