失業中の給付金が発生している場合のクレジットカードの利用

クレジットカードを利用していく場合、生活保護受給と並んでハローワークでの手続きで給付されるかどうか判断される、失業給付金、いわゆる失業手当てについても知っておくと、クレジット利用において納得する場面が多いです。

生活保護であれば受給していたとしてもクレジットカード利用は可能なのですが、失業している人が給付金を受け取っている場合には話は別だからです。
というのも、生活保護というのは人によっては仕事ができない状況で、且つ保護をしてもらわないと生活が厳しい人が受けるものであるからです。

それに対して、失業者が給付されている方については、最低限の生活分なので、クレジットカードを利用しているので、給付されてくるお金についても加算して欲しいということにはできないようになっているからです。

これが可能なのであれば、働かないでもクレジットカードを所持している枚数分・金額分で請求ができることになってしまいます。当然ですがそのようなケースについては対象外となので、給付金額は対象者で同じというようになっているのです。

また、このように失業してしまってから給付も受けるようになったというケースでは、クレジットカードのキャッシング枠についてはカード会社に相談をし、利用不可能(0円)の状態にして貰うのも1つのマナーとなっていたりします。放置しておくとカード会社の方で状態を把握してから半強制的に利用不可能とされるケースもあるので、注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ