クレジットカードを現金化する共助は消費者庁でも注意を呼びかけている

世の中では、自助・公助・共助という3つの助けがあります。普通に生活する場合、よく理解できるのは自助くらいでしょう。自助というのは自分の力で全ての物事に対処するという意味で、生活を自分の力で行っているのであれば、当然ですが自助についてはされている状態となります。

次に、公助というのは国や地方公共団体などの公的機関から援助されているかどうかです。公的機関との結び付きがある活動においては、この公助についてもよく理解している人もおられます。

しかし、クレジットカードなどで知られるようになった共助については、全く知らないという人もいらっしゃるでしょう。助けると言う字が含まれるのですが、こちらについては先程のものとは違って、正確にはお互いに協力しあって便利にクレジットカードを利用しているだけだからです。

例えば、クレジットカードでキャッシング枠がない人の場合には大きな協力となるのですが、人によってはクレジットカードのショッピング枠が余っているので現金化したいと言う場合があります。

そんな場合に、クレジットカードの現金化方法を教えたり、実際に事業として助けたりするのが共助となります。つまり、本来は現金化が難しいクレジットカードの現金化を助けてくれる機関・会社などが、今では1つの助けとして利用されるのです。

クレジットカードの枠をギリギリまで使いたいという人であれば、利用する事でギリギリまで使う事が出来ます。また、このような案内については消費者庁でも注意を呼びかけているので、消費者庁でも確認をすることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ