経験生命表を知って正しくクレジットカードを利用する

今のクレジットカードであれば、経験生命表などを活用しての保険付帯というのもありです。過去では、クレジットカードというと、金利が安くサービスが充実していたものが選ばれました。ですが、今ではクレジットカードに簡単に別のサービス(保険など)をオプションとして取り付けられるようになっています。

また、どうして経験生命表というものを利用するのかというと、それは生命表の一つを利用することで、実際に起こった死亡統計などに基づいた保険に入れるからです。人によっては、これから先に何があるのかがわからないと言う人もいます。

しかし、そのような状況で闇雲に保険に入っているだけでは、今ひとつ信用がなかったりするのです。そこで、先ほどの生命表を役立てるようにして、現在の自分に合ったものをセレクトするようにします。

当然ですが、入っておくだけでクレジットカードの利用金額は増額となるのですが、その代わりに信用を得られるようになるのでオススメされる人もいるでしょう。

保険事業は生命保険会社が対応をしているので、クレジットカード会社は対応をしているのかいないかが不明とされていたりしますが、今ではクレジットカード会社や銀行などが仲介になって保険代理店のような運営をしている事もあります。

つまり、それらの業者であればカード作成時に併せて保険を付帯させることができるのです。また、国民生命表というものがありますが、こちらは厚生労働省が国勢調査などを基に作成している表となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ