経験表を利用してクオリティの高い契約者を目指す方法

クレジットカードというのは、信用が高い人になればなるほどに利用限度額が増額となるようになっています。ですが、言葉でそのまま伝えたとしても、実際に信用がある人物なのかどうかについてはわかりません。クレジットカード会社にしても、どのようにして判断すればいいのかが不明だからです。

しかし、経験表というものをクレジットカード会社が見ているという事を知っておくと、大分ですがクレジットカードの信用の上げ方については違ってきます。例えば、40代以上になると殆どの方が生命保険に入っているのですが、ローンにおいてはこれは決め手となることが多いのです。

というのも、いざ病気にかかった時にローン返済については対応可能となるので、保険に入っているだけであってもローン会社は審査において緩い対応をしてくれる事が多くなります。また、どのようなタイミングで生命保険に加入すると良いのかについては、先ほどの経験表を利用するようにします。

厚生労働省が作成しているもので、また国勢調査により調べられている情報なのであやふやな情報ではなく、健康について年齢別の判断を知っておく場合には重要な情報とされている事が多いです。

似たようなものに国民生命表がありますが、こちらについては確定情報ではなく推定とされておりますので、クレジットカードなどの保険加入については、経験表を軸にして選ぶのが正しいので、こちらを参考にするのが理想となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ