契約者配当金も利用してクレジットカードの返済を行う

クレジットカード支払について、今では柔軟な対応を行うことが可能です。次のような方法で好みのものを選択して返済を行っていくというのが、今ではスタンダードとなっています。まず、通常ではリボルビング支払という方式で、多くの人はクレジットカードの返済を行っています。

決められた回数で利用金額分を支払うという方法で、現代ではクレジットカードだけでなくカードローンもリボルビング払をいを採用しているのです。
他にはボーナスによる利用もありますが、これはリボルビング払いの一部をボーナスありで支払うかどうかを選択するというものです。

ボーナス払いのメリットは、支払そのものを引き伸ばしてから最初の支払を行えるので、悠々自適にクレジットカードを利用できる点です。近年では、多くの人がこのボーナス払いを前提としてクレジットカードを利用されていることが多いです。

また、ボーナス払いに似た契約者配当金払いと言うものもあります。ボーナス払いとの相違点は、契約者配当金を利用している点です。今では柔軟な対応を可能としているので可能な返済方法とですが、過去では対応していませんでした。

また、支払においては積立保険(貯蓄型保険)の利用となるので、保険の満期返戻金とあわせて支払をするという方式になります。満額では10万円以上で支払が定期的に発生するものもあるので、人によってはボーナス払いのように使っていけるのが魅力とされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ