後遺障害を意識してクレジットカードの保険加入を考え

人によっては、将来的に障害を抱えるケースもありえます。なので、生命保険に加入しておくのが良いとされているのですが、生命保険に加入するというのが面倒という人もおられるので、そのような場合にはクレジットカードを代理店として、保険加入をするのも良かったりします。

現代のクレジットカード会社というのは多くのサービスに対応しているので、電話などで相談をしてみると会社のスタッフで専門の方からアドバイスを頂けるようにもなっています。

例えば、障害においては後遺障害についてアドバイスを頂いてみるのも良いです。そのような場合では人によっては生活が不安定となりますので、クレジットカードの返済についても滞ったりしてしまいます。

ですが、あらかじめ後遺障害についても対応可能な保険に加入しておくと、そのような場合にクレジットカードの返済を待ってくれたり、もしくは障害が発生したと連絡することで、保険金額を返済金額に充当するなどのサービスを行ってもらえたりします。

また、クレジットカード会社の公式ホームページでは、医療保険などを取り扱っているページが見当たらない事が多いのですが、よく見ると保険付帯のページの詳細解説部分で、そのような事態が発生した際のマニュアルなどが記載されていたりします。

理想的なのは、代理店として利用をして保険加入をしておき、後になって安心して支払える状況を作っておく事とです。障害に関する付帯については年齢によっては見ておいた方が良いとされているのも、このような理由があるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ