クレジットカードを口座振替扱いで利用するようにする

面倒な支払については、クレジットカードで一纏めとしておく事が可能です。例えば、次のような料金については銀行の口座で振替扱いとなっている事が多いのですが、すでに契約が済んでいるのであれば、そちらからまとめて引き落としを行うようにしておくと、メリットが多く発生する場合があります。

まず、今では口座引き落とし以外の支払方法については、よく利用されるようになっています。例えば、公共料金支払いがそうです。公共料金は安ければ金額にして1万円もいかない事も多いので、引落による支払いとの相性は良いです。

つまりクレジットカードであれば、金額が微妙に不足していると言う事もないので、わざわざ銀行に振込をしに行かないで良くなりますので、毎月の時間のロスについては随分と減ることでしょう。次に、クレジットカードで支払いやすいものでは、スーパーなどで食料品を買い込むのに便利です。

食料品や飲料水というのは、人にも依りますが毎週で数千円程度です。中々数万円以上とはなりませんので、決められた金額で利用をされているのであれば、クレジットカードで予め支払っておくようにしておき、その後に口座振替扱いとして引落がかかるようにしておきます。

また、このようにして支払をしていると、予めクレジットカードを利用しているので、ポイントが加算されていきます。このポイントが1年間では、数千円~数万円分となるので、近年ではポイントが付きやすいクレジットカードが選ばれやすくなっていたりもします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ