クレジットカードの保険加入では告知も必要となる

自動車保険もそうですが、今ではクレジットカードに付帯させることができます。ですが、あくまでも保険加入となるので告知が必要というのは知っておかないといけません。今までに保険加入の経験がある人であれば、クレジットカードのものであっても問題なく記入できるものです。

また、告知においては、契約者の場合にはと誤記入をされてしまったせいで、後になって再度の書き直しが必要となるケースもあります。ですが、このような場合であっても業者によってはサービスに差がありますので、クレジットカード側で保険加入というのは損でもありません。

これもあり、今では付帯サービスが充実している業者も多く存在します。例えば、告知については最初からパターンが決まっているおり、必須記入項目に記入ミスがあった際には自動判定システムにより、「~が書かれていません」というように教えてくれるものもあるのです。

今ではクレジットカードのみで保険をまとめている人も多く、また保険そのものの料金が安いという点も考慮しないといけません。近年では、年額分を10%程度で安くしてくれるサービスもありますし、クレジットカードによってはデザインなどの変更が可能となっているものもあります。

デザインについては、一目で他の保険についても付帯しているのがわかるようになっているので、これだけの為にクレジットカードを利用するのも賢い手段とされています。何より、利用した分の全てがまとめて引き落とされるのが便利です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ