クレジットカードの告知書で気になるFAQまとめ

クレジットカードであっても、現代では保険加入が可能となっています。また、そのような場合にクレジットカードを子どもに与えるようなケースでは、大事な告知書についてはどのようにしてするのかというと、次のようなポイントに沿って記入をするようにします。

まず、お子さまが15歳未満の場合には親権者(後見人)が記入をしても問題がありません。なので、告知書に必要な情報をまとめてからは、代表者(子ども)ではなく親権者が記入をするようにするのが理想です。この告知書については子どもが書くと内容の理解不足もあり、記入などに誤りが発生しやすいケースもあるからです。

特に特殊な症例などで悩んでいる子どもの生命保険加入などでは、告知については簡単なものでもなかったりしますし、備考欄に記入する内容も違ってきます。また、お子さまが15歳未満の場合には、親権者・後見人欄に親権者の自署が必ず入っていないといけないという点も考慮しないといけません。

人によっては、こちらについて忘れている親子もおられますので、必ず親権者の方で記入をするようにします。

次に、それらについて守ったとしても、クレジットカードの記入項目のどれかでミスがあった場合については、相談窓口(お客様サポートセンター)に問い合わせをするようにしてください。場合によっては、簡易的なミスなので書き直しが簡単であったり、必要でもないと言うケースがありますので、個人で迷っているのは時間のロスとなるだけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ