災害のリスクに備えて災害高度障害保険金に入っておく

マイホームやマンションを購入する際に、人によっては災害高度障害保険金に同時に加入されている人もいます。しかし、このような保険に必要な場合に1つずつ入るというのは面倒ですので、将来的に不動産物件を購入される予定のある人は、前倒してクレジットカードに付帯させておくと良いです。

クレジットカードというのは、基本的に保険を付帯出来るようになっているので、今ではクレジットカードに各種付帯させると言うのは定番になっていたりもします。何よりも、支払金額をポイントに変換出来るので、クレジットカード利用者にとってもお得な点が多いので、この保険付帯については高い評価であったりもするのです。

そして、何よりもクレジットカードの場合には後になって保険に入らないでも良く、またクレジットカード会社が代理店をしてくれているので、加入そのものも非常に簡単であったりします。また、不動産などが目的で保険についても入る予定なのであれば、不動産業者でオススメしているクレジットカードで契約をされると良いです。

そのようにして保険に入っている場合には、今回の災害高度障害保険金でも複数の似通ったプランをオススメしてくれますので、入りそこねたものがなかったかを後になって知ることが出来るからです。

災害については、家事であったり負傷であったりで適用されるようになっているので、家・個人のどちらに比重を置くのかも専門家のアドバイスがないとわかりづらく、やはり専門的な業者で保険付帯をするのが一番となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ