長いスパンで補償が発生する災害死亡保険金について

現代では災害に関する補償の注目が高いです。やはりトラブルに直面した場合で適用となるものが充実してきているので、クレジットカードなどにサービス付帯をする人も増えてきたのです。

そんなサービスとして誕生したもので特に有名なものというと災害死亡保険金があるのですが、これについては災害によりすぐに死亡をされた場合に補償が発生するというものではありません。例えば、事故の日から180日以内で死亡された場合であっても、災害死亡保険金であれば受け取りが出来ます。

これが他の問題発生時の補償との相違点にもなっています。一般的なサービスでは問題の種類によってリスクが違ってくるので、クレジットカードの付帯であっても、支払われるタイミングや期限が違っているという特徴があるのです。

具体的なものでは水害などがそうなのですが、水害については補償範囲が狭いという問題点がありますし、必ずしも本人と本人の所有物全てに保険がかかっているわけではないのです。

災害死亡保険金は、生命保険といった保険金の一つとされているのですが、契約者が災害で死亡されると支払われる死亡保険金となっておりますので、加入をされているだけでトラブルの際には殆ど適用がされるようにもなっています。

その際に支払われるお金については、割増特約や保障特約で適用がされて支払が行われます。クレジットカードに付帯させた際には、契約約款でその部分がどうなっているかをチェックするようにすれば、まず支払いにおいてもトラブルが起きないようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ