将来を見据えて三大疾病保険金を掛けておくようにする

三大疾病保障保険は、がん・急性心筋梗塞症・脳卒中にかかった際に支払われるものです。今では、生命保険加入者が意識して入ることで有名なのですが、このようなものについてもクレジットカードに付帯できるので、これからを考えて安心した生活を得るために、クレジットカードに付帯をさせておくというのも賢い手段であったりします。

というのも、現代のような最新医療により診査・治療を受けられるような世の中でも、三大疾病に悩まされている人は多いからです。なので、CMなどでも「三大疾病保険金なら是非保険をご検討下さい」という宣伝が多いのです。次に、この三大疾病保険金ですが、通常の保険と違っている点もあります。

それは、加入後に死亡や高度障害状態になったとしても、この保険1つで手厚く補償されるようになっている点です。従来の保険というのは、病気が発生してから、もしくは死亡が発生してから診断や審査が行われるようになっているので、そもそも原因については細かく追及されるようになっています。

さらに、これについては損害保険であればなおさらで細かくなっていますので、条件を満たしているのであれば、このような保険に入っておいても損はないでしょう。

また、年齢によってはクレジットカードの付帯として入れておくようにするだけでも、カード会社での信頼が違ってきます。それと、保険金が500~1,000万円で設定されている事が多い保険としても有名であったりもします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ