事故招致は保険会社で調査がされるようになっている

クレジットカードなどで保険に加入していると、場合によっては事故招致に近いことをしてしまうケースもあります。例えば、自動車事故などで車両保険をかけているからといって、自分の自動車を意識的に傷つけたりするなどが該当します。過去ではこのような方法では緩い対応もあったので、保険金が発生するなどのメリットもありました。

ですが、近年ではクレジットカードを経由して保険に加入していても、事故招致かもしれないケースでは保険会社が間に入って調査するようになっています。つまり、先ほどのような意識的な事故についてはバレてしまうと面倒なことになるのです。

当然ですが、意識的な事故でしかなかった場合には、保険会社の補償については免責となります。契約書には、事故についての免責事項もあるので、一読しておくようにしておいた方が良いです。また、事故招致というのは何も自動車の話だけではありません。

他にも保険については沢山種類があるので、保険金などを不正に得ようとする場合は、同じように取り扱われると思っておいた方が良いです。ただ、よほど内容が酷いものでない限りは裁判沙汰になる事も少ないので、昔から偽装してまで保険金を得ようとする人はいたのです。

現代では、通用しないようになっている方法として、このような対応や方法もあると記憶しておくくらいがちょうど良いです。自動車保険については、特に厳しいと覚えておくとなお良かったりします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ