死差益などの利益があるので保険会社は成立している

クレジットカードだけでも数種類以上の保険がありますが、クレジットカード会社が専門的に商品を多く用意している場合だと、実際に対応する会社で加入できるものの、殆どをクレジットカードに付帯できたりします。

定番の自動車保険や生命保険、その他では損害に関するものも存在するほか、海外旅行に適したものも用意してくれています。
多数の商品が利用できるのは非常に嬉しい事ですが、よく見るとクレジットカード経由では、業者にとっての旨味となる保険料金が割引されている事に気づきます。

このような方法で、どうして保険会社は利益を得られるのかというと、それは死差益と言うものがあるからなのです。死差益とは、想定している死亡率を下回ったことにより、本来損失として発生する死差損が発生していないためです。他にも利差益・費差益というものがあり、会社は利益を獲得しています。

わかりやすくまとめると、保険会社は近年では意外と保険金の支払が減ってきているので、元来の儲けより高い儲けが出ると言う訳です。どこでも一緒と言うわけではありませんが、それでも利益が出ているのでどこかで還元が出来るようになっているのです。

クレジットカードの付帯がメジャーになってきていますが、それもこのような利益があるので可能になっていると言う訳です。ものによっては、会社側の利益が小さいものもあるものの、それでも短期的に入れるものではなく、長期的に安心して入れる商品ばかりとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ