付帯で利用できる実損てん補について学んでおく

保険金というのは、必ず定められている金額で支払が行われるとは限りません。例えば、実損てん補などで支払となっている場合には、予め定められている金額ではなく、プラン上の上限支払額に合わせて支払われるようになっています。

主に損害保険などで損害を被った場合に、この実損てん補についてよく理解できる場面が多いです。自動車などが破損してしまった際ですが、上限支払額で支払がされるケースでは、下手をするとパーツの一部分までしか補償がされないかもしれないのです。

保険会社が前もって説明してくれるケースが多いので、どのような決まりになっているのかについては正しく知っておかないといけません。

また、各種専門的な保険があります。なので、損害保険に入っておくだけでは、前述の実損てん補もあり補償範囲が気になってしまうので、他にも専門的な商品に加入をしておくのが理想となります。

例えば、自動車保険・火災保険・家財保険などがそうです。これらに入っているのであれば、そもそも上限額が通常のものとは比較にならないものとなっておりますし、自動車保険に至っては無制限となっています。ただ、安易に家財保険にも入ろうかどうかで迷うのはいけません。他と比較しても料金が高いからです。

それと、現代ではクレジットカードを利用されている場合、クレジットカードに保険を付帯できるようにもなっています。複数の加入の際には割引もされるので、所持されているのであれば付帯を考えるのも悪くありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ