保険金額は実損払いで支払われるケースも存在する

人は生活をしていく上で何かしらのリスクと遭遇する事もあります。例えば、火災などに見舞われて怪我をしたり、住居が焼けてしまったりする事もあるのです。しかし、そのような生活上のリスクについて、全て保険で賄おうとすると限界があったりもします。

保険といっても安いものではなく、ものによっては1口で5千円以上するものもあります。また、実損払いのメカニズムについても知っていないといけません。例えば、車両保険がそうなのですが、あくまでも車両保険については実損払いという仕組みになっています。

自動車事故を単身でされてしまった場合、車両保険にも入っているから多額の保険金が発生するという仕組みにはなっておらず、あくまでも掛けられている金額で上限を決め込んで、自己負担を差し引いてから支払われるという流れになっているのです。

自動車事故で30万円分の損害が発生してしまった場合に、もし20万円を上限とする車両保険に加入されているのであれば、特に自己負担が必要な事故でなかったとしても、20万円を上限と決めた保険金発生となるのです。

残りの10万円については、自分で支払うようにするか、もしくは自動車工場などでの修理を諦めるしかありません。この損害分の幾らかを補填する仕組みについては、高い金額で保険に入っていない限りは満額で支払われないようになっています。クレジットカードなどで付帯させる際でも、どのような金額を上限としているのかについては明確に理解しておくのが大事と言う訳です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ