死亡保険はクレジットカードでも付帯しておくことができる

物品によっては、購入者でありローンの契約者が不慮の事故で死亡してしまった場合には、支払の免責が発生するものがあります。特に有名なものは不動産ローンです。

不動産ローンの場合、業者側が不慮の事故で返済不能となると面倒事になるので、予めそのような保険に加入をしており、不動産ローンを組む際に質問をされると、その旨についても案内してくれるようになっています。しかし、あくまでも高額商品や不動産ローンの場合に、半自動的に保険が掛けられているというだけです。

なので、クレジットカードの所持をした時点で同じような扱いになっているのかというと、そうでもなかったりするので注意しないといけません。クレジットカードの場合には、保険に1つずつ加入するのではなくクレジットカードに付帯させていきます。

引落についても、クレジットカードで登録した口座で引落となっているので、今ではクレジットカード1枚があれば保険の管理については随分と楽をすることが出来るのです。ですが、クレジットカードに付帯させておくものは、死亡保険などを重点的に付帯させていくようにしないといけません。

というのも、商品によっては適用範囲が違っているケースもありますし、損害保険で用意されているような生命保険では満額(上限なし)で、保険金を受け取れるようになっている訳でもなかったりするからです。面倒でも関係性の高い保険に、1つずつで付帯をさせておく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ